人声久語(拾遺帖つづり)

世の中そんなに捨てたもんじゃないよ あんまり頑張らないで 捨てられるものは捨てて行きましょう

睦び月は尽きぬほど

睦び月

一月は睦月(むつき)と言われ、「睦び親しむ月」という意味だそうです
一年の始まりを家族、仲間、愛する人と笑顔で過ごすことで、お互いの睦ぶあうことになるのでしょう

初詣は行かれましたか

元日に氏神様やその年の恵方にあたる神社・寺院に参詣することで。恵方参りとも云います
恵方はその年の歳徳神(としとくじん)の方位をもって「恵方」とし、歳徳神はその歳によって変わりますので恵方も毎年干支によって変わります
特に、信仰が深くなくても年の初めに社寺に参詣することは、一年の初めに気持ちの引き締まる思いがします

「おめでとう」と何回くらい言葉にしたでしょうか
「めでたし」は、「目出度し」や「芽出度し」と書くこともあるそうです
「愛(め)づ」から、「愛(め)で」に「甚(いた)し」がついた「愛(め)で甚(いた)し」を語源としているようです

「愛(め)づ」とはどういう事でしょうか
心がひきつけられると言う意味の言葉で、美しいもの、素晴らしいもの、かわいいものに深い愛情を寄せる気持ちを表しています
「甚(いた)し」は、その状態がはなはだしいこと

おめでとう、めでたいは、こんな祝福の最高な賛辞なのです

喜ばしくて、美しくて、とっても「愛したい」言葉です

言う時も言われる時も、とても嬉しくなる素敵な言葉だと思いませんか

「おめでとう」  「愛(め)で甚(いた)し」と心から言葉にしてみましょう

今日から、御勤め初めの方、ご苦労様です

「愛甚(あいいた)し」は 「逢いたし」

に繋がるようです

今年も皆様にとって、佳き歳となりますように。。。。