人声久語(拾遺帖つづり)

世の中そんなに捨てたもんじゃないよ あんまり頑張らないで 捨てられるものは捨てて行きましょう

快憲は改感

 

鼻から息を抜きながら嘲笑い、柔な左手拳を振りながら、文脈定まらぬ能弁を連ねる

これ誰あろう我同級生シンゾウ君である

東京オリンピックでどうしてもなりたいことがあるのだろう
それは、日本が生んだ平和のトレジャー (Treasure)である「ドラえもん」「アンパンマン」。。になりたいというのか

大義」と「建前」と「本音」

大義」とは、正当性を主張する、しうる事のできる意味付け。
これには、強力な力がそのパワーとなる。
そうして、「大義」と「本音」が一致してこそ成し遂げられるのであろう。

この力が個であった所から始まった「ガンジー」や「マザーテレサ」などは、それを支持する民衆のパワーが後押しし成し遂げられた対極の例であろう。

「建前」とは、個人の意識の内にある感情や欲求の基、価値観に照らして心に抱かれるものであり、それが共有できたところで集団が形成される。
個人的には、「本音」とこの「建前」は同じものであるはずなのだが、対外的に考えたとき、集団としての統一を図るとき、ある利益を考えるときなどに往々にして「本音」と「建前」が違うことがある。
私なども、人間などは、異にすることの方が多いのだろう。

しかし、ここは「大いに大切に」考える事が必要なのである。
個人が集まり仲間ができ、個人が家族を作り、国を成す。

この国の有り様を定めようとする集団の方向性、それを率いる個人及び周りを固める人材達よ。
個人の「本音」の為に「大義」を作り、「建前」を正当化する場合など。


「お父さん? お父さんのやっている仕事はダメな事なの?憲法違反なの?」って、子供に聞かれたと言う。

「何だか、隣の北朝鮮が少しずつ変わって来ているように思えるのだけど。。。戦力不保持を憲法にうたっているのに、こんなにお金を使っていいの?もっと、違うところへ使えばイイのに」って子供に聞かれたお父さんの方が多くないのかな。。。

自存自衛のための積極的防衛策などやめないかい!。。。

基本的な人間性をみんなに説明しなければダメでしょ

落選すれば 先生でなくなり タダの人


アホかぁ!

 

 

 

Cty Lights

f:id:tanokkyu:20180918210907j:plainシティ・ライツ (City Lights)

秋。。。さびしいぜ
秋は何故、、、
こんなにわびしさを感じさせるのだろう

風がふきぬけ、葉を散らすからなのか
自然に夜が早く訪れることに気づくのに
朝露に照らされる朝陽に気づくことを忘れてしまうからなのか。。。

あの頃は、純(うぶ)な自分を言い訳に
1000の夢を追いかけて、傷つけ、傷つき
泣かし、哭かされた。。。

こんな事の積み重ねに沁みる「cty lights」

淋しげな秋の夜に 誰を恋うる。。。


チャールズ・チャップリンの映画『街の灯』をご存じですか。
この原題は、「cty lights」なのです。

浮浪者と盲目の花売り娘に一目惚れしたふたりの、そのふれあいが描かれた無声映画

一輪のバラと1,000ドルが織り成す、正直者と手で心を見ることができる娘の悲しくも優しい物語。

これが、なぜ、「cty lights」なのだろう。

揺れる街灯の下には。。。

君は、僕のビーナスなんだと語っているのだろうか。。。

矢沢が咽びなく「cty lights」を聞いてみてください。秋にはとてもよく似合う。。。

自分の最期は。。。

人工呼吸器をつけて体内に酸素を送り込み、胃に穴をあける胃ろうを装着して栄養を摂取させる。
これら、延命治療であり、人の最期の"ともしび"を少しでも延ばすことをさしています。

ひとたびこれらの延命措置を始めたら、はずすことは容易ではありません。それは、生命維持装置をはずせば死に至ることが明らかだからです。

リビング・ウィル」という言葉を最近よく聞くことが多いのです。
リビング・ウィル( Living Will LW )とは、生前の意思という意味の英語の訳です。
生前に行われる尊厳死に対してであれば「尊厳死の権利を主張して、延命治療の打ち切りを希望する」などといった意思表示のことを言います。

「あらゆる手段を使って生きたい」

「回復の見込みがないのなら、安らかにその時を迎えたい」

それぞれの違った思いが、最期の意思に繋がっています。
後述のケースを「平穏死」「自然死」とよぶようです。

「自分の命が不治かつ末期であれば、延命措置を施さないでほしい」と宣言し書面を作成しておく。

安楽死」と「尊厳死」の違いのようです。
医師が積極的な医療行為で患者を死なせることを「安楽死」。
延命措置を断っても、痛みや呼吸の苦しさを緩和するための医療行為、これらの緩和医療は積極的に行ってもらうことを「尊厳死」。

皆さんの中で、若い方?にはあまり実感のないことなのでしょうが、私と同年代以前の方にとっては、認知になる前に、わが意思の明らかな内に考え表明しておくことも、必要なのかもしれない。
だって、自分勝手だと言われても、残るものにそんな判断を委ねる事事態が罪であると私は思うのですが。

ちょっと考えてみませんか。
誰にも強制されることでもなし、正誤なんてないのですから。

こんな愛しい女性はいないと思っている我バーブラ ストライサンドが演じたケイティーならなんと言うのだろう。。。。

「The Way We Were」

「are」ではなく「were」 なのです


「Living Will」

「would」ではなく「will」なんですネ。。。

自分の最期はどうしますか

主人公

「主人公」1978年(昭和53年)の「私花集」に収められている。
隠れさだファンとして、30年と言うことになるのか。(今では、40年)

「主人公」とは、いったい誰なのかなぁ。

人みな自分の人生の「主人公」であったはずなのに、時として振り返ってみると、今本当に「この劇」の主人公と言えるのかどうか。

♪時には思い出ゆきの 旅行案内書(ガイドブック)にまかせ
   “あの頃”という名の駅で下りて
   “昔通り”を歩く

思い出のガイドブックは、それぞれ人の手に持っているはずである。何ページを開いてみようか....
そこに在るのは、楽しい時、苦しい時、淋しい時それを選ぶののも、自分自身であるようだ。
自信のある時? 落ち込んでいる時?....

♪“或いは”“もしも”だなんてあなたは嫌ったけど
   時を遡(さかのぼ)る切符(チケット)があれば欲しくなる時がある
   あそこのわかれ道で選びなおせるならって…

片道切符のチケットがあれば、時を遡り 「あの頃駅」 で降りてみたくなるとき、誰でもあるのかなと思う。
今、この歩んで来た「航跡」を頼りに....
しかし、「あの頃駅」には、そんなガイドブックは置いてないだろう。

♪自分の人生の中では
   誰もがみな主人公

「或いは」 「もしも」の不安は現実から感じることである。
夢の世界を考えることとても楽しくて、嬉しいことばかりで、幸せな気分に浸ることができる唯一の「主人公」となれる場所なのだろう。

夢を見たあと、振り返ってみたあとで、今に戻らなければならない。

人生はひとつの物語になぞらえることができるのでしょう。

そうして、自物語の中心人物となっているのは、「主人公...」
すなわち自分であるはずなのです。

♪あなたは教えてくれた 小さな物語でも
自分の人生の中では 誰もがみな主人公

時折思い出の中で あなたは支えてください

私の人生の中では
   私が主人公だと

私の人生の中では
   私が主人公だと♪

自分が主人公として、主人公と感じながら、そうして誇りを持って、

あなたの眩しい笑顔と 友達の笑い声に抱かれて 
私はいつでも必ずきらめいていた


今から、10年も前の事になる。
2008年8月26日、アフガニスタンで復興支援を続けていた「ペシャワール会」の伊藤和也さんが4人組の武装グループに拉致された。伊藤さんを慕った1000人を超える村人が捜索・追跡に加わり、追い詰められた犯人はパニックとなって伊藤さんに発砲、弾は左太ももの動脈を撃ち抜き伊藤さんは出血死した。まだ31歳の若さだった。
ペシャワール会の用水路1本で数十万人が食べられるようになった。こうした活動に共鳴した伊藤さんは03年から参加し、農業支援を担当した。(伊藤さん悼んでより引用)

アフガニスタンで亡くなった主人公「伊藤和也さん」の追悼を込め。ご両親の思いを感じ得て)


貴方は、何番で待っていたのでしょうか

"62番”のバスに乗って行けばよかったのに。。。

ゆっくり行きましょう。

その時「音」も聞こえてきたでした。

貴方は「主人公」です。。。

(2008年 作文に加筆 )

 

リーゼントと真っ赤なハイヒール

f:id:tanokkyu:20180915215409j:plainチャイナタウンE.yazawa

そんな半端は認めねぇーさ
俺をいったい誰だと思ってやがんだい!
そこのッ!CAROL~
そんなの認めねぇーEさ
俺、E.yazawa
わかってるよね
ヤ-ザ-ワ や ざ わ だよ

ご存じ Eチャン 永ちゃん

昨日、14日は矢沢の69回目の誕生日なのです。
あの ヤ ザ ワ も来年は古希を迎えるのです。

何を隠しましょう
この、久さんがなんと、あのEチャンにゾッコンだったのです。
そう!過去形なのですが。。。

私は決して永チャンとはいいません。
や ざ わ なのです。
あのカリスマ性に魅せられ、一時は、革ジャン、白いDOUBLEのスーツ?どっちだと迷って、いた時もあったのです。
一年一度の再会に熱くなり、あの健さんバリの肩で風切りを体現していたのです。
この、久さんがです。

あれは、いつだったでしょうか。
忘れもしません、東京球場、今の味の素スタジアムでしょうか
会場までの道すがら、目にするのは、道路脇でヤンキー座りの面々達
片手には、缶ビール
そうして、会場近くになるに連れて湧き起こる「永チャンコール」
終了後のゴミと、汚物の惨憺たる惨状を目にしたのです。
それ以後、アルコールをおびた入場は禁止となりました。
会場入口には、あのプロレスラーのような男達の観閲が始まったのです。
そう、入場チェック!
悲しいです。純粋に矢沢が好きで声が聞きたくて、一年に一度のmeetなのに。。。

やっとの事で掴んだ初めてのデートに矢沢クラシック原宿を二枚ゲット
こころワクワク
行く前に、ほんの口湿りの乾杯くらいしますよね。
この歓喜のひとときを胸に会場へ。
ところが、奴等に、あのプロレスラー見たいな奴等に、止められたのです。

あっそこのお兄さん!
ちょっと待ってください
息を吹き掛けて下さい!
フーッ~
はい!
アウト! 残念ーん!
アルコール飲んでの入場はご法度!
お上のお沙汰を無視したらダメ

この時の悔しかってこと忘れません
やっとつかんだ初めてのデート
少しの酒くらい飲みたいと思いませんか
その、人情も思いも願いも断ち切られたのでした。

それからは、ファンの質や矢沢の立ち位置に共感出来ずに疎遠となっていましたが。
それから、商売気質なやりようも含めて行っていないのです。

今日、ドームに行きます。
コンサートツアー「STAY ROCK」

何故って?
今年で平成も最後、そうして、自分の中のケジメの年なのです。

矢沢のコンサートと言えばタオル投げ。
トラベリンバス、止まらないHa!Ha!。で、タオル投げをやろうとバスタオルを引っ張り出したら、行かなくなって枕カバー
で使ったせいか擦りきれていました。

今、東海道線の中ですが前に立っている私と同世代か?リーゼントに白いジャケット、黒のジーパンに白のスリッポン。
首にはゴールド。
そうして、隣の彼女の足は、真っ赤なハイヒール!

間違いない!ヤ ザ ワ です。

私は、今日で ヤ ザ ワ は、時がくるまで卒業しまーす。

今日は誰と一緒かって?

ナ イ シ ョ

シベリアパン

今ある本を読んでいる。
その中に、こんなくだりが目にはいった。


律子は、その真相を確かめたくてそこに向かった。
それは、子供の頃ならどこにもあった、そして今ではどこを探してもないようなパン屋だった。
そこに、ガラスケースに入った懐かしい顔を見つけた。

渦巻き形のチョコレートパン。グローブのようなジャムパン。ふたつ重ねの甘食。餡をはさんだ三角形のシベリア。大きなコッペパン。メロンパン。三色パン。。。

あんパン、ジャムパン、ドーナツ。。。

私などの年代では、上に書かれたパンたちは、脳裏に確かに刻まれているが、今の若者たちにはわからないのだろうな。

そんな中でも、菓子パンの「シベリア」を覚えていますか?
知ってますよね?

ヘェッ!ご存じない?

「カステラであんこ(餡)」を挟む三角形。
メロンパン、クリームパン、あんパンなどの横でシベリアを見ることもない。

「シベリア」を売っているパン屋さんは見かけなくなったし、スーパーにもなかなか置いていない。

教えましょう。

我が横浜、JR桜木町駅より徒歩3分のパン屋さんがあります。外観からして私が覚えのあるお店の外観、創業101年を誇る「コテイベーカリー」です。ここのは、まず挟まれる餡の厚みに驚かされます。

なぜ、シベリアと呼ばれるのでしょう。

①「シベリア」は、戦後で誰しもが甘いものを欲してた時代だったからこそ、求められる存在で、その頃の洋風への憧れの場所。

②シベリア地方には1年通して地中の温度が0度以下で常に凍結した土壌、いわゆる永久凍土と呼ばれる地帯が存在し、その土地の断面。

③カステラ生地をシベリアの大雪原と白樺に、羊羹をその雪原を走る鉄道に見立てたというシベリア鉄道説。シベリア鉄道

④当時は、「シベリア出兵」などもあり、身近に感じることができる名前として「シベリア」があったのかもしれません。


少し前ですがこのシベリアが、「風立ちぬ」で再び注目を集めることになりました。

風立ちぬ」と言えば、堀辰雄を思い出しますよね。

。。。風立ちぬ、いざ生きめやも 。。。

愛の美しさがこれでもかと綴られ、物語を冒頭から耽美な空想に走らせます。
この時代ならではのロマンスを、生の重さを、文章の美しさで読ませてくれます。

物語が春-夏-秋-冬と季節を移ろいでゆくなか、節子の苦しい咳のこころの奥に見える、「いざ生きめやも」への答えが。。。

これを「真摯な愛」と呼ばずして、純粋を語ることなどできないのであろう。

ここで、ペンを置きたいと思います。

 

 


ところがであるが、「シベリアパン」は出て来ない。

風立ちぬ」はジブリの飛行機野郎の話です。(当時、あまりの原作との違いに私は。。。。)

風立ちぬ
零戦設計士、堀越二郎という実在の人物が主人公の映画でした。この二郎が仕事帰りにいつも駄菓子とパンを売る商店で決まって買うのが、ほかでもないシベリア。
そうして、新聞紙で包んで持ち帰る。
私のガキの頃は、こんな時代でした。
戦後73年の今年ですが、そういや私は戦後
9年の生まれですから、時々道端に佇み、アコーディオンを弾いていた傷痍軍人を見ていた世代でした。

「シベリアパン」の文字を見て、「風立ちぬ」。。。


この一小節で、完全にやられます


。。。それらの夏の日々、一面に薄すすきの生い茂った草原の中で、お前が立ったまま熱心に絵を描いていると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木蔭に身を横たえていたものだった

この、風景から私はいつも思いだすのです

「散歩、日傘をさす女」 クロード モネ

さて、私の読んでいた本は何だったのでしょうか?


「いざ生きめやも」

私たちも、忘れずに。。。。

 

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Siberia.jpg
(シベリアパン)

 

 

 

水たまり

台風の中、稲穂達は必死で頑張っていたのでしょうネ。

私は仕事柄、名字から、「水」には大いに関係がありとりわけ、農業、米づくり、田んぼ、ため池、用水路・・・・・土木屋です。

これらの果たしている社会的・自然環境的な水辺空間の創造は、お百姓さんだけのものではないのです

今、南房総の方でこれに関する小さな業務を行っているなかで、「粗朶工法」なるものがあります
読めますか?「粗朶(そだ)」と読みます
伝統的な我が国の土木工法のひとつです

「粗朶」とは里山から伐採した木の枝のことです
その周辺にある木の枝や稲わらを編んだり、重ねたり、組み合わせたりしたものを川や池の護岸(斜面の保護)
などに使用する工法なのです

里山の伐採で再生にもつながり(山・森の維持)、自然素材である粗朶は、形が多様であるため川に流速の変化が出て、さまざまな水中生物が生息できる空間を形成することになります

また、水の中では半永久的な耐久性を有している一方で、空気中では役目を終え自然に還る

これですよ

「葉っぱのフレディ」を思い出してください

生まれ変わるために「自然に還る」

彼らも、太陽や雨や昆虫など様々な「しがらみ」を乗り越えて生れかわるのです

「しがらみ」ってあまり良いイメージは少ないでしょう
「しがらみ」って何だい?

「しがらみ」を漢字変換すると分かりまよ
「しがらみ」は「柵」と書きます

そうです語彙は、
(1)水の勢いを弱めるため、川の中に杭(くい)を一定の距離に打ち並べ、柴(しば)や竹などをからみつけ堰を造ったもの
(2)まとわりついて、引き止めるもの、関係を絶ちがたいもの

「恋のしがらみ」「浮き世のしがらみ」 とても厄介なもので断ち難し.....なーんてね

だから、(1)の意味が本意であり、(柵)しがらみ=(柵)さく、人が通れないようにしたもの

「柵」の意味から、「人が生きている中でまとわりつき、引き止めるものを柵(しがらみ)」になったようです


そこで、粗朶(そだ)で作る川床(かわどこ)の補強に「柵(しがらみ」というものがあるのです
立派な、土木工法(沈床=ちんしょう工法)です
今新聞の被災地報道で聞かれる「砂防ダム」等も、目的は同じようなものです。

今では、ほとんど厄介な「柵」の意味しか残っていないという事なのかな

ものごとの流れをせきとめ、まとわりついてくるもの・・・・・(雑物を下流へ流さない効力)

人間関係などにおいても、何かにつけ、流れを止めるような要件・・・・・・(ふと我に返る時を持て)

余分なことなど・・・・・・(これを感じられないようでは、余裕もないかもしれない)


「しがらみ」かい!

「義理と人情のしがらみ」
や「これも浮世のしがらみだ」
、「渡世人の辛いところでごさんす」
といえば、健さん、寅さんの世界を垣間見る思いですね

「約束ごと」の意であり、「引き止めるもの」や「反故にはできないもの」を「しがらみ」というのです

大切なことじゃないですか

万葉集』にもあります

「明日香川 しがらみ渡し 塞かませば 
流るる水も 長閑にかあらまし」(柿本朝臣人麻呂)

読めますか?
(これは宿題。読めなきゃとりあえず自分で調べること)


この頃の柵(さく)は、木石などで作って「しがらみ渡し」なんて風流な名前で呼ばれているんですね


気づきましたか?何か違うでしょう。。。


元々の(本来)柵は、「自分で塞き止めようとして、何かの利をもって作るもの」なのです

今では、「外的に、人から余計な力で、自分が縛るられてしまうもの」になってしまっていませんか!てぇーの

何かの本に出ていたような?

聖書では、
「取りなしてくれる他者」が、神様と私との「しがらみ」を作ってくれているのですよと

「他者との関係性が大切だ」ということ

自分のことや自分の救いだけでは、済まないのである

何事も熱心にやっているうちに、目的を見失ってしまい、自分のことだけになってしまう

あくまでも他者のことが重要なのだと

係わり、縁、繋がりがどうも大切なようです

これらが「柵(しがらみ)」なのですね

だから「柵(しがらみ)」はとても大切なのだと感じませんか

 

古今集』には、こんな歌が詠まれています

「山川(やまがわ)に 風のかけたる しがらみは
     流れもあへぬ 紅葉なりけり」


山の中の川に、風が掛けた流れ止めの柵(しがらみ)がある
それは、流れきれないでいる紅葉の集まりだったよとね


「風がしがらみを掛けた」ですよ....

風がねぇ

おーい!!風くーん

君はなんて粋な遊びをするんだい

教えておくれよー....


「成るようにしかならないって」言ってんだね^^


土木屋の端くれでよかった「柵(しがらみ)」を知ってて、良かったぁ


ymiz^^